外国人のお客さん対応

女性

お店での観光客などの対応

国際化が進む中、日本への観光客は増加する一方です。そのような環境の中、ホテルなどの従業員はもちろんですが、普通の街中にある飲食店や衣料品店などで働いている人であっても英語で接客する機会がどんどん増えていくはずです。英語は義務教育から大学までの授業でそれなりに勉強はしてきたものの、実際に英語で接客してみてくださいと言われると、戸惑ってしまう人も多いのではないでしょうか。ただ、冷静に考えてみれば、日本語で普段接客している時にもお客さんとそれほど難しい会話をするということはないはずです。ですので、自分が接客するにあたって必要になるであろう特定の英語からまず覚えて実践してみるのがよいかもしれません。入店してきたお客さんに、いらっしゃいませと英語で言おうと緊張する必要はなく、まずは笑顔でこんにちはと言ってみましょう。旅行者であれば、外国人が来たからといって緊張して顔が強ばった店員よりも、英語がそれほど流暢ではなくても笑顔で迎え入れられる方が安心するでしょう。実際に商品などについての説明を求められた場合にも、完璧な英語を話す必要などありません。自分が知っている単語を並べるだけでも良いので、とりあえずは説明してみましょう。頑張って説明すれば、相手も理解しようと努力してくれるはずですし、何より親身になってくれた店員がいるその店でまた買物をしたいと思うはずです。外国人は日本人ほど厳格な接客サービスを求めることはあまりないので、ある程度フレンドリーに接しても通常は問題ないはずです。